おススメ記事

購入した物件がプロパンガスを使っているなら…

オーナーチェンジの際のガス会社との交渉は必須!

プロパンガス万歳!

購入前には必ず都市ガスかプロパンガスかの確認をしますよね。

都市ガスなら入居者側にとって、金額面でのメリットがあります。

プロパンガスなら大家さんへのメリットがかなり大きい!

しかし、前オーナーが契約したガス会社との縛りがある場合もあります。

購入前にその点をしっかり把握して、購入後の資金計画を立てていきましょう!

3棟目は前オーナーが相続のタイミングで売りに出されました。

亡くなられたお父様が建て、長い間同じガス会社で見直しも行われなかったようです。

なので、何の縛りもなかった!!

早速それをK西部長に相談。

今回変更する予定のガス会社に、なるべく良い条件で交渉してもらえる事に!

なんせ、築43年

ガス給湯器は老朽化が進んでいて、どの部屋の給湯器がいつ壊れるかわからない…💦

そして…寒冷地なのに洗面台の水栓は水しか出ないという事も判明…!

Chiyo
上手くこのタイミングで、配管工事もしていけたら良いな!

ガス会社との契約条件のすり合わせ

こちらの要望も出しつつ、K西部長が良い条件をガス会社に提示。

その結果、ザックリとこんな契約内容(案)が送られてきました。

★ガス会社との契約条件(案)★
・1戸に付き5万円の補助金の支給
(テナントを省く住居用8戸分なので、40万円現金がもらえる!)
・空室の部屋から随時給湯器と洗面台の水栓を交換。
(現在入居中の部屋も、故障があれば無償で交換)

・上記の提供をする代わりに、15年間は契約の解除はしない。
(もし15年以内にオーナー変更の場合はその年数の契約を引き継ぐ。)

ガス会社を変更せずに契約を延長をする事で補助の確約をとる事もあります。

敏腕大家さんの中にはもっと良い条件を引っ張り出す方もいます。

あの古さでは、私たちの交渉力ではここまでの条件は引き出せなかった!

さすがK西部長!!

あとはガス会社内で稟議が通ればすぐに契約するだけ!

物件が古すぎる!

1か月が過ぎ…2か月が過ぎてもガス会社の返答がこない…💦

もちろんK西部長からも何度も催促してくれました。

なんで??

どうやら、3棟目が今まで例にない古さだったので、上層部が待ったをかけていると…!

Chiyo
ええ~…やめて~!待っている間に壊れたらどうするの??

 

もちろんそんな事があれば自腹で交換…!

契約まで何事も起こらないよう祈り続けて…

待つこと何と6か月…!

やっと通りましたとの連絡が…!

担当者の方が大変恐縮してしまって、わざわざ遠方から我が家まで謝罪に来てくれました。

…それはそれは大きな菓子折りを持って♪

契約後には早速40万円が振り込まれ、空いている部屋から交換交換!

Chiyo
何とか半年間持ちこたえてくれて良かった!!

 

次回は新しい物件名と看板のお話!

 

Chiyo
よろしければクリックを~!

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

おすすめの記事