おススメ記事

Chiyo
夫婦喧嘩の末、金額に折り合いをつけて3棟目購入に向けて動き出しました!

買付時に手紙を添えるのは、本当に有効?

O川さんに今回の物件の売り出し理由を聞くと、やはり相続案件。

売主さんのお父様が亡くなって、相続する人たちに物件を運営する意思がない

私たちにはうってつけの物件!

早期に出会えたのはありがたい事。何とかものにしたい!

2棟目(アベニュー)の時には思い出のとんかつ屋さんの事を書きました。

今回は、この町が好き!夫婦で子供の時から慣れ親しんだ土地

そんな感じでお手紙を書かせて頂きました。

前回の時もそうですが、ウソを書くとどうしても白々しさが出てしまう。

それは絶対に避けたかったので、必ず思っていることを書くようにしています。

相手がやり手の投資家さんでない限り、伝わるはず…!

素人の拙い文章には、共感を持ってくれると信じて!

今回は少し無理な指値(5,000万円に対して4,500万円)をしています。

そのことについても手紙の最後に触れています。

今後の予想される修繕費、今の私達にはこれが精いっぱい。

そんなありのままの事を伝えました。

これは、相手によっては手紙が原因で嫌がられてしまうかもしれない…💦

しかしそこは見極めが必要!

今回は仲介業者さんが味方に付いてくれるという追い風もある!

Chiyo
指値を通すためにも手紙は必須だと感じました!

2回目のお手紙作戦、結果!

手紙が出来上がったら、早速仲介業者のO川さんに連絡!

O川さん
このお手紙を持って、直接交渉してみますね!

ドキドキ…

お手紙必須!とか言っておいて、待っている間は何もかもが上の空…💦

またネガティブ思考に襲われつつ、待つ事2日。

O川さん
チチローさん!売主さんとの交渉終わりました!

連絡がきた…!!

チチロー
!!…ど…どうでしたか…?

お手紙作戦は?指値は??

O川さん
この人に売りたい!と言っていました!

 

お手紙が通じた~!!

チチロー
それは良かった!ありがとうございます!

 

買える…!買えるのか…!?

O川さん
ただ…値引きの件でご相談があります。

 

ああ、やっぱり!500万円の値引きはちょっときつかったかな💦

チチロー
そうですか…どれくらいになりそうですか?

 

せめて妥協ライン(4,800万円)は突破しないで…!

O川さん
4,550万円にしてほしいそうです。

 

ええええ~!!ほぼ指値通り~!!

チチロー
ぜんっぜんオッケーです!

 

何故50万円…?(笑)

鬼の指値、ほぼ通ったといっても良いですよね?

5,000万円→4,550万円となった時の変更数値

・表面利回り15.2%→16.7%

・現状利回り10.4%→11.4%

・CF(独自シュミレーション)220万円→250万円

これは大きい!!

今回もお手紙作戦で売主さんのハートをキャッチできました!

売主さんが相続のタイミングで手放す時には有効な手段。

私たち貧乏大家夫婦ならではのやり方。

お金も学歴も知識もない、人柄だけが取り柄!
(自慢にはならない💦)

Chiyo
このチャンス!絶対に活かせねば!!

 

これで買付は上手くいきそう。

では、肝心の融資は!?

次回は3棟目の融資付のお話です!

 

↓加藤先生の鬼の指値!今回最高額の値引きができました~!↓

おすすめの記事