おススメ記事

今回は”お金のかかるリフォーム”のお話です。細々とやっているブログですが、続けてご覧頂けている方もいるのでしょうか??そんな方は、お気付きかと思います。「もうかけるお金ないでしょ。」その通り!(悲)

でもそんな時は、「公庫さ~ん!」きっちりと計画を立てて公庫に追加融資をお願いする手があります。(雲行きが怪しくなってきていますが、お付き合い下さい💦)

~1Fと2Fも居住用スペースにしちゃえ!~

moto(1棟目の物件名)の3Fは既に居住用(3DK)で、入居者ありの状態です。1Fはシャッター付の店舗。2Fは事務所用でどちらも空室。どちらも床面積が65㎡で広め。

しかもワンフロア-専有なので使いやすく、オシャレな間取りプランしやすい!駐車スペースがないので、1Fは半分ビルトインガレージにしても面白い!…色々妄想する新米大家

オシャレな間取りやインテリアを参考に・・・

2F・・・ベッドルームに間仕切り壁を作りウォークインクローゼットを設置。対面キッチンの広々リビングダイニング。

1F・・・ビルトインガレージ付のハイセンスな1K。

(※当時作成した間取り。見辛くてすみません💦)

それぞれ、2Fは新婚夫婦1Fは男子学生か単身の社会人をイメージ。勝手にターゲットを絞ってみる。もうチョイスしている言葉も浮かれモードな新米大家。間取りとイメージ図を作成して3社に見積依頼をいしてみました。
A社・・・詳細な見積と資料付きで、700万円の提示。
B社・・・大雑把な見積数枚で、ざっくり1500万円。
C社・・・返答無し。
(え~?💦)

・・・・・・・・・・・高~!!
何が「修繕の相場は把握している」なの?(笑)

誠実に対応してくれたA社は「今後もお付き合いしたい」という事だけは収穫でした。
B社なんて、明らかに「面倒だから高めに掲示して断ってもらおう」感が・・・!(悔)
ま~返答をくれるだけマシなのか・・・。

~相場を把握~

もちろんリフォームは断念。こんな見積を公庫に提出したら正気を疑われます。例えば1Fと2Fを700万円でリフォームしたとして、それぞれ高め設定の6.5万円で募集

6.5万円×12ヶ月×2部屋=年間156万円の収入。取り返すのに、満室にして4年以上・・・!どう考えても建設的ではありません。今回ご足労頂いたリフォーム業者さんには申し訳ないですが勉強になりました!

・motoリフォーム無し
・現状で相場より安めの家賃で募集!(リフォームはご自由に!)
・敷金礼金なし!

この条件で募集がベスト
・・・募集結果は次回!

おすすめの記事