おススメ記事

いよいよ1棟目の始動です!今のところ3戸中1戸…!前オーナーさんが募集もかけずに放置していた為、すぐに貸せる状態ではありません。しかも隣地駐車場(借地)は正方形に近い四角で、縦列なら4台

現実的には2台停めるスペースしかありません。なかなかの前途多難ぷり…(笑)

~○○ビルは変更すべき~

まずは全くお金がかからない物件名の変更

購入前の物件名は「○○ビル」と、よくある売主さんの名前がついたものでした。別に物件名の看板やペイントがあるわけでもないので、即変更!

今の状態で「○○ビル」なら、そのまんまの見た目の雑居ビル…。しかし、シンプルな横文字にしてみると、ちょっと気分が変わります。余裕があれば薄いクリーム色外壁塗装をして文字をペイントしてみたいんですね。


形はシンプルなスクエア型の物件なので、塗装だけおしゃれに変身できます!でも自転車操業なので無理!(悲)

~シンプルイズベスト~

そして、肝心の物件名は、「moto」。(実際の物件名ではありませんが、雰囲気だけ似せています。)

元町通り~とか、住所から付けたシンプルなものです。これだけでも少しおしゃれな雰囲気出ませんか?物件名を変えるタイミングは、決済後のオーナー変更通知と一緒に入居者に通知するのがベストです。

既にテナントや店舗が入っていれば事前に変更のお伺いを立てるケースも出てくると思います。
(実際に3棟目でちょっとしたトラブルが💦また別の機会に書きますね!)

後は念のため郵便局に変更の連絡をしましたが、してもしなくても構わないようです。今はGoogle Mapで物件を検索する方も大勢います。
Google Mapも何年か毎に物件名を見直してもらえるようです。

早く地図上で「moto」が見たい!
メールGoogle Mapに物件名変更のお願いをしました。
1ヶ月経っても変更されていなかったので、しつこくもう一度送信(笑)
すぐには変更されませんでしたが、3か月後ぐらいには変更されていました!
・・・自分でつけた物件名を見つけた時には、ちょっと感動・・・!

自分達の物件が持てた実感が得られます♪

~夜に物件名を考えるのは危険~

物件名で多いのは、

「○○ハイツ」
「○○ビラ」
「レジデンス○○」
「○○コート」
「コーポ○○」
「○○ハウス」
「○○ガーデン」
「住宅に関する横文字+気に入った英語や住所、オーナーの苗字」

このような形が良く見られますよね。自分達で変えられるのであれば、なんとなく既存の物は避けたいのが新米大家・・・(笑)
主人と二人で考えていた時は、中2病っぽいものがわんさか・・・(笑)

それなりに盛り上がりましたが、どれもターゲット層が狭すぎるので却下。
その中でもマシなのがコレ↓

主人「B4St.」before station(駅前)の略・・・(恥)
Chiyo「いや、うちの物件駅前じゃないから!(笑)」
主人「じゃあ、バス停の前だから・・・」
  「B4Bst.」before bus stop(バス停前)の略・・・(大恥)
Chiyo「ビースト!獣感出てきた!(笑)」
・・・夜に書くラブレターはダメと言いますが、物件名もダメですね。

次回はお金のかかるリフォームプランです!

おすすめの記事